FacebookTwitterEmailCopy Linknoteで書く

ワンダーJAPON (8)

日本で唯一の「異空間」旅行マガジン!

著作
standards (編集)
ISBN
9784866366685
Cコード
0026
判型
A4変
ページ数
112 ページ
定価
1,540 円(税込)
発売日
2024年01月26日
amazon
7net
hmv
honto
yodobashi
rakuten

書籍紹介

伝説のサブカル誌「ワンダーJAPAN」が名前を少しだけ変え、
新たに登場した「ワンダーJAPON」、第8号になります。

今号の特集は、「高知・徳島 異空間旅行」です!
以下にいくつか内容をご紹介しましょう。

レトロという言葉だけではすませたくない、SFチックな
カッコいいデザインで、美しい館内では丸窓からさまざまな魚も見える、
超楽しめる足摺海底館。

サンゴだらけの海のそばにあり、一時は観光バスがひっきりなしに
お客を連れてきていた、その名も「竜宮城」と呼ばれる珊瑚博物館。

1967年に着工し、自らレンガを敷き詰めてセルフビルドを続け、
2024年になっても完成していないお城のような喫茶店
(オーナーは、徳島のガウディと呼ばれているらしい)。

大きなウミガメの造形を作りながら、わざわざ顔を
通りからは見えない方向に向かせたウミガメ公衆電話。

ほかにも、膨大な量の張り紙が貼られたバーの中で、
ガスバーナーで火炎放射しているのはそのお店の店主だったり、
ファミリーレストランと銘打っているのに、
店の前には10メートルのジョーズが飾ってあったり。

そして工場や、遺構、気になる建築、変わった神社など、
超ボリュームで南四国の圧巻ぶりを伝えてくれます。

特集以外にも、知る人ぞ知る、ビッグスケールな某テーマパークの
廃墟や、大好評の「不思議な神社仏閣」、都築響一さんが
オープンさせた、鳥羽SF秘宝館の再現とラブドールだらけの
衝撃の大道芸術館、などなど、第8号は恐ろしいほどの
多彩な見どころに満ちた一冊です。

……おっと、今号はそれで終わりではないのです。巻末では、
ほとんどの読者の方が唖然とするであろう「ループ魚道」の世界を
徹底追求しています。ゴツゴツとしたコンクリートの造形がたまらない、
機能美に満ちた建築物をたっぷり味わえます。

「ワンダーJAPON」第8号は、高知・徳島の異空間旅行を特集しています。南四国驚愕スポット唖然とさせられる空間をこれでもか!と超ボリュームで紹介しています。また、特集以外にも、廃墟不思議な神社エロティックな妖しさに満ちた空間など、バリエーションに満ちた非常に楽しめる1冊になっています。ぜひともご覧ください!

高知・徳島の異空間を徹底取材! 脳髄に衝撃が走る、必見の内容です!

表紙でも掲載している「足摺海底館」をはじめ、高知、徳島の面白スポットを徹底網羅しています。愛すべきレトロ空間、さまざまB級スポット、博物館やレジャー施設の廃墟巨大工場、超ビッグスケールな森林鉄道の遺構など、もう満腹です! ワンダーJAPONの6号で紹介している、おまんじゅうを手にした鬼にも再会できます。

壮大なスケールを誇る、某テーマパークの廃墟が見学可能!?

閉園して20年が経過。十数年前には火災も発生し凄みを増した某テーマパーク廃墟のツアーが開催。朽ちてなお壮絶な存在感を放つ大聖堂、完璧に崩壊してしまったホテルの大広間、光もなく汚水で汚れた怖すぎる地下通路など……管理者の許可の下に自由探索できるツアーがまだレアながらも始まっています。

東京に来たら絶対に行きたい、都築響一コレクションの大道芸術館!

ワンダーJAPAN時代からの読者ならおなじみの都築響一さん。氏の膨大なコレクションが、東京スカイツリー近くの3階建ての元料亭にたっぷりと展示されています。その空間にあるのは、SF鳥羽秘宝館の再現から蝋人形見世物小屋の絵や春画人形など。2階では数体のラブドールがホステスとなったカフェバー空間が展開されています。

コンクリート好きなら落涙必死!?カッコよすぎる「ループ魚道」を堪能!

魚道とは、ダム堰堤など、魚が自力では登れない川の部分に、上流に登れる別ルートを設けたもの。階段状の細長い水路である場合が多いのですが、場所によっては水路がグルグルと何回転もループしていく構造の魚道もあり、これがループ魚道と呼ばれます。今号では、全国の秀逸なループ魚道を一挙掲載!必見のレア記事です。

【イベント情報】ワンダーJAPON 第8号 発売記念トークショー

2024年 02月03日(土) 京都 蔦屋書店にて

イベント詳細
⽇時|2024年2月3日(土)
時間|19:00開始(18:40開場)/21:00終了予定
会場|京都 蔦屋書店 6F SHARE LOUNGE
配信 | あり
定員|①会場参加50名
会費|➀会場参加 1,650円(税込)(1ドリンク付き/ソフトドリンクのみ)
②オンライン配信視聴 1,100円(税込)
申込期間|開演の1時間前まで
※空きがあれば当日参加も可能です。当日参加の場合は6F SHARE LOUNGEのレジにてチケット代のお支払いをお願いします。
概要
伝説のサブカル誌『ワンダーJAPAN』が名前を少しだけ変え、新たに登場した『ワンダーJAPON』
日本唯一の《異空間》旅行マガジンとして、フツーの旅にはもう飽きた人々の道しるべ的存在となっています。
このたび、2024年1月26日に第8号が発売されることを記念して、編集長の関口勇さんによるトークショーを開催します。
トークゲストとして『まちかどガードパイプ図鑑』(2023年12月発売)の著者である岡元大さん。ガードパイプを探し歩く者として、「マツコの知らない世界」に写真提供もされています。
「どうやって変な場所を見つけるの?」「街歩きをするときのポイントは?」「いまアツい地域は?」
何を追い求めるかは人それぞれ。一度訪れた場所も見方を変えれば二度おいしい。街歩きのプロたちによる気づく力、楽しむ姿勢は人生のヒントになるかもしれません。
会場参加の方は申込先着30名様に特典でステッカーをプレゼント!
また、京都 蔦屋書店では1月26日より『ワンダーJAPON』のバックナンバーやその他“異空間”に関するタイトルを集めたフェアを開催します。
限定の購入特典などもご用意しておりますので、この機会にぜひお立ち寄りください。
登壇者プロフィール
ワンダーJAPON 編集長/武蔵野美術大学非常勤講師
1963年生まれ。大学卒業後、編集バイトをしながら国内ツーリング三昧。1996年に三才ブックス入社。ラジオライフ編集部を経て書籍編集部の立ち上げに参加。「書籍の元となるソースが少ない」と痛感し、2005年12月「ワンダーJAPAN」創刊。工場ムックや廃墟本など関連本を出しつつ、20号で休刊。2019年に退社し、フリーとなって2020年6月に“日本の《異空間》旅行マガジン”として「ワンダーJAPON」をスタンダーズから新創刊。
ガードパイプを探し歩く者。
1982年東京都生まれ。出版社勤務。10年以上ガードパイプを撮り歩き、これまでに収集したガードパイプは3,000点以上。ブログ「ガードレール(ガードパイプ)探訪」を「復刊ドットコム」メールマガジンにて連載中。月刊エンタメ「私立恵比寿中学サブカルの奥の細道」にマニアとして記事掲載、「マツコの知らない世界」に写真提供、読売新聞「まちなかの絶景」に記事掲載、主婦と生活社『CHANTweb』に記事掲載。東京MXTV「バラいろダンディ」に偏愛さんとして出演。趣味は街歩き。

関連書籍