FacebookTwitterEmailCopy Linknoteで書く

小さな会社こそが絶対にほしい!

「化ける人材」採用の成功戦略

9784866365435
著作
窪田 司 (著)
ISBN
9784866365435
Cコード
0034
判型
四六判
ページ数
224 ページ
定価
1,980 円(税込)
発売日
2022年01月25日
amazon
7net
hmv
honto
yodobashi
tsutaya

書籍紹介

「地方勤務」「知名度なし」「休日87日」「初任給17万」……
それでもすごい社員を採用できる!

「本当に小さな会社」のための「化ける人材」を集めて育てる超実践的採用戦略。/

生産年齢人口が年々減少している状況の中、小さな企業ほど人手が足りておらず、
働く人たちの高齢化や、後継者を支える人材不足などの問題に直面しているケースが多く見られます。
小さな会社が10年後、20年後にも生き残っていくためには、後継者となる若年層の採用が不可欠という状況であるにもかかわらず、
中小企業は人を集めることに苦戦を強いられているのが現状です。

そのような環境において、コロナ禍によりオンライン採用が普及したり、
地方の企業への求職がやりやすくなったりなどの変化も見られるようになりました。
「小さな会社」への就職は以前に比べてもハードルが下がっているのです。
本書はこうした状況を踏まえて、大手企業の採用戦略では扱えない、
中小企業が確実に「化ける」人材を採用して育てていくためのノウハウを、
細かいデータと実例に沿って具体的に紹介していく一冊です。

著者は中小企業診断士として、500社以上の企業に新卒採用、中途採用のアドバイスを行ってきた実績の持ち主。
どうすれば「小さな会社」が採用で成功できるのかを熟知し、その方法を余すところなく伝えてくれます。

「自分たちのところのような小さな会社には、いい人材は集まらない」と

第1章 「化ける人材」が小さな会社を大きくする

01 これからの倒産理由は「ヒト」になる
02 金融機関への相談も「採用」が急増
03 本当に小さな会社は採用戦線に参戦すらできていない
04 小さな会社がジョブ型採用をできない理由
05 採用マーケットは都会から地方へ
06 コロナが変えた! 生活拠点と異なる地域への就職の増加
07 採用の基本の流れを理解しよう ~採用の体系図~

第2章 小さな会社が採用の土俵で勝てる「コンセプト」成功戦略
01 ここまで違う「強者の採用」と「弱者の採用」
02 採用力を上げるには「知名度」と「投下資源」の2軸の強化が必要
03 求める人物設定を明確化してから自社の訴求ポイントを導き出す
04 「弱者」でも大丈夫! リファラル採用の成功例
05 小さな会社が採用に勝つためのコンセプトは「ニッチ」
06「化ける人材」を見抜くポイントとセットで洗い出す

第3章 小さな会社の「化ける人材」募集成功戦略
01 低コストで認知を高めるオンラインとオフライン利用法
02 ナビサイトはアクセスを集めるキーワード選びがすべて
03 SNSは小さな会社のオンラインにおける武器
04 学校アプローチは地方の小さな会社の切り札
05 イベントは欲張らずにコンセプトとリスト化だけ

第4章 採用に繋げる「化ける人材」への情報提供成功戦略
01 単独説明会前の個別アプローチで参加率を高めよう
02 エントリーシートを省略してハードルを下げる説明会参加シート活用法
03 説明会の構成と動画によるクライマックス
04 小さな会社の必殺技! 0次面接で成果達成率を上げる
05 フォロー面談で志望度アップ&志望度チェック

第5章 小さな会社の「化ける人材」選考成功戦略
01 各選考で見るべき能力と選考シート
02 1次選考はネガティブチェックと惹きつけ
03 2次選考はポジティブチェックと事後の志望度チェック
04 伸びしろを見抜く選考後のタスク
05 最終面接は入社後に活躍するかどうかの判断と合否以外の多様な結果を持つこと

第6章 投資対効果を上げる「採用後」の定着と戦力化戦略
01 内定通知は大谷翔平選手の入団に学ぶ
02 内定フォローは相性に注意
03 内定辞退を防ぐ情報発信は保護者へ届ける
04 翌期の採用プロジェクトへ参画させる
05 入社前に「自責思考」と「結果思考」を叩き込む

著者紹介

窪田 司 (くぼた つかさ)
中小企業診断士/コォ・マネジメント株式会社代表取締役。
岡山県出身。香川大学経済学部卒業。
自身の就活においてメガバンク内定の友人から地方の信用金庫への就職を知名度・規模から否定され、
人気企業・大手企業以外の会社が若者から選ばれない現状を目の当たりにする。
その経験から周囲の反対を押し切り、地方の信用金庫に就職。経営企画部門に配属され、
2年目から採用活動にかかわり、応募者2 倍増、地元就活人気ランキングTop10に選ばれることに成功。
ところが小さな会社の経営の現場で目の当たりにしたものは組織の高齢化による生産性の低下、
人件費率の上昇、後任者の不在などを若手人材の欠乏による将来不安。
このままでは小さな会社の経営は後世に繋がらないと危機感を覚え独立。
経営目線で生き残るための採用を実施し、中途採用や新卒採用において500社以上にアドバイス。
小さな会社に特化した方法により、岡山県の就職人気ランキングTop10入りや採用コストを半分に、応募者数を12 倍にするなどの成果を挙げる。

関連書籍