noteで書く

信長の家臣団と光秀対秀吉

最強の信長軍団と光秀

戦国大名家臣団 興隆と滅亡
ISBN
9784866363967
Cコード
0021
判型
B5
ページ数
128 ページ
定価
1,518 円(税込)
発売日
2019年12月18日
amazon
7net
hmv
honto
yodobashi
tsutaya

書籍紹介

光秀対秀吉は信長軍団の最強決定戦だった!
桶狭間の戦いから山崎の戦いまで信長軍団、激闘の記録!

信長の「天下布武」を推し進めた精鋭家臣団たち。
彼らの戦いとはどのようなものだったのか?
戦国最大の謎・本能寺の変はなぜ起きたのか?
光秀の知られざる野望、それを凌駕した秀吉の野望とは?
桶狭間の戦いから山崎の戦いまでの徹底研究、織田家家臣団の猛者たち77人完全解説を通して、戦国時代のリアルな姿を浮き彫りにする!

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』必携の副読本!

【目次】
はじめに
『長篠合戦図』の武将たち
戦国大名の家臣団
戦国大名の軍隊編成
【信長軍団の戦い】未完の天下布武関連年表

【第1章】天下布武の信長家臣団

織田家の信長
天下への道~桶狭間の家臣たち
岐阜城と「天下布武」
信長上洛と近江支配のはじまり
織田方面軍のはじまり

<信忠軍>
織田信忠・織田勝長・織田長益・林秀貞・河尻秀隆・池田恒興
森長可・団忠正・斎藤利治・福富秀勝・水野忠重
<信長軍激戦譜>
信貴山城の戦い・有岡城攻め・武田征伐
<北陸方面軍>
柴田勝家・佐々成政・前田利家・不破光治・金森長近・原長頼
佐久間盛政・柴田勝豊・柴田勝政・毛受勝照・山中長俊
<畿内方面軍(佐久間軍)>
佐久間信盛・佐久間信栄・松永久秀・筒井順慶・高木清秀
梶川高盛・塙直政・山岡景隆・進藤賢盛・寺西秀則・青地元珍
<中国方面軍>
羽柴秀吉・羽柴秀長・宮部継潤・蜂須賀正勝・竹中重治・生駒親正
杉原家次・黒田孝高・木下重堅・別所長治・宇喜多秀家
<畿内方面軍(明智軍)>
明智光秀・細川藤孝・細川忠興・斎藤利三・明智秀満・明智光忠
溝尾茂朝・藤田行政・石谷頼辰・四王天政孝・可児吉長
<関東方面軍>
滝川一益・滝川益重・津田秀政・木全忠澄・滝川雄利・牧長勝
真田昌幸・小幡信貞・北条高広・佐野房綱・成田氏長
<四国方面軍>
神戸信孝・津田信澄・織田信張・丹羽長秀・蜂屋頼隆・九鬼嘉隆
三好康長・岡本良勝・関盛信・幸田孝之・神戸具盛

<コラム>家臣団の序列

【第2章】激闘! 織田方面軍

<北陸方面軍激戦譜>
越前・加賀一向一揆、手取川の戦い、魚津城の戦い
【北陸方面軍の展望】上杉家、風前の灯火

<近畿方面軍激戦譜(信盛)>
石山合戦
【畿内方面軍の展望】信長が挑んだ宗教戦争

<中国方面軍激戦譜>
三木合戦、鳥取城攻め、備中高松城攻め
【中国方面軍の展望】中国最大の毛利氏と激突

<畿内方面軍激戦譜(光秀)>
八上城攻囲戦
【畿内方面軍の展望】異常な大出世の理由とは
【四国方面軍の展望】信孝は安土に凱旋する
【関東方面軍の展望】すべて信長の支配下に

本能寺の変直前 織田家臣団配置図
<コラム>本能寺秘史、信長の野望

【第3章】本能寺の変 天正10年6月2日

天正10年6月1日―前日まで
本能寺、炎上す~天下布武の終焉
光秀、天下への布陣
本能寺の変直後 織田家家臣団動向図

<動揺する方面軍>
北陸方面軍→上杉勢との最終決戦目前に四散
中国方面軍→毛利軍を翻弄し〝神速〟で一番乗り
関東方面軍→信長の死によって再び〝無主の地〟へ
四国方面軍→開戦前に大軍勢が瞬く間に崩壊

<コラム>本能寺の変の謎

【第4章】天下を継ぐ者~光秀軍VS秀吉軍

山崎の戦い
6月14日、安土城炎上す
明智光秀とは何者だったのか
英雄・秀吉の時代へ

関連書籍