noteで書く

蔵元の娘と楽しむ日本酒入門

蔵元の娘と楽しむ日本酒入門
著作
喜多麻優子
ISBN
9784866362564
Cコード
0077
判型
B6
ページ数
200 ページ
定価
1,540 円(税込)
発売日
2018年06月16日
amazon
7net
hmv
honto
yodobashi
tsutaya

書籍紹介

知れば知るほど、日本酒は美味しくなる!
創業200年の蔵元の娘が、日本酒のすべてを教えます。

「初心者はどれから飲めばいい?」
「悪酔いしない飲み方って?」
「料理からお酒を選ぶ方法がある?」
「日本酒って割って飲んでもいいの?」

名酒「喜楽長」でおなじみ、創業200年の「喜多酒蔵」
28歳女性の九代目次期蔵元が、
「日本酒飲みたくても何をどうやって飲めばいいのかわからない! 」
というアナタのために、日本酒のすべてを教えます。

<はじめの一歩編>
知識ゼロからの「日本酒の飲み方」/初めてでも安心の「日本酒の選び方」/知っておきたい「日本酒の基礎知識」

<もう一歩編>
より好きになれる「日本酒との付き合い方」/美味しさの秘密が分かる「酒造りの現場」/知ればナットクの「日本酒トリビア」

<レシピ編>おつまみ16種&日本酒割りの方法(いずれもペアリング情報付き)

初心者も、もう一歩進みたい人も、読めば誰でも通になれる。

★かんたんおつまみレシピつき!
★カバーイラストは話題を呼んだ日本酒マンガ『いっぽん!!』の松本救助さん!

著者紹介

喜多 麻優子(キタ マユコ)

喜多麻優子(きた・まゆこ)
1989(平成元)年、滋賀県生まれ。喜多酒造の九代目次期蔵元。
大学卒業後、ミツカン、東京の酒卸での勤務を経て、
2015(平成27)年秋より実家に戻り、八代目の父の元で修行中。
蔵人として、酒造期の約半年間は蔵に泊まりこみ杜氏の元で働いている。
好きなおつまみは、ホタルイカ、レンコンのきんぴら、チーズ。
好きな作家は村上春樹、三浦しをん。

喜多酒蔵
文政3(1820)年創業、滋賀県東近江市の老舗蔵元。
愛知川の伏流水が源流の地下水を用いて、代々、 能登杜氏による伝統的な技法によって酒を醸している。
清酒「喜楽長」が代表銘柄。
2020年には、創業200年を迎える。

関連書籍