noteで書く

戦国の名城

日本の城を変えた 10大名将&10大攻城戦

9784866360263
著作
standards(スタンダーズ)
編集
ISBN
9784866360263
Cコード
0021
判型
B5
ページ数
128 ページ
定価
1,540 円(税込)
発売日
2016年11月03日
amazon
7net
hmv
honto
yodobashi
tsutaya

書籍紹介

復元CG&イラストでよみがえる名城

戦国時代、それまで山城が主流だった城は、絢爛たる天守と長大な石垣・水堀を持つ近世城郭へと進化した。
その変革をもたらした人物こそ、中世を否定した時代の覇者——-織田信長。
彼は「戦う」「住む」という機能に加えて、「見せる」という新たな役割を城に付与した。

10大名城の城との関りと、10大攻城戦をたどることで、城が大進化を遂げたその理由と秘密に迫る!

織田信長と安土城
加藤清正と熊本城
武田信玄と躑躅ヶ崎館
上杉謙信と春日山城
後北条氏と滝山城
豊臣秀吉と大坂城
真田昌幸と上田城
藤堂高虎と今治城
伊達政宗と仙台城
徳川家康と江戸城

戦国の名将を支えたのは名城だった!!
戦国史に残る名城と攻城戦を徹底紹介!!

【巻頭特別企画】熊本城、復興への道のり
熊本地震で被災した名城・熊本城復元に向けての動きを徹底リポート!!

目次

[巻頭特別企画]熊本城、復興への道のり
[城の新常識1]平成以降の復元は木造が主流!名古屋城は念願の木造天守がなるか!?
[城の新常識2]発掘が進み、新発見が続く信長の城 近世城郭の先駆けは小牧山城だった!
[城の新常識3]虎口を守る丸馬出しじゃなかった!? 新説に見る真田丸の真の姿とは
[城の新常識4]明らかになるつつある戦国期の小田原城 全国の城で定説を覆す新発見が相次ぐ!
[城の新常識5]スマホやタブレット上によみがえる! アプリによるバーチャル復元&動画解説

第一章 戦国10大名将の城
戦国時代の城の発展
武田信玄
後北条氏
上杉謙信
織田信長
豊臣秀吉
真田昌幸
加藤清正
藤堂高虎
徳川家康
伊達政宗
全国戦国の名城101城
コラム お城なんでもNo.1!

第二章 戦国10大攻城戦
唐沢山城の戦い
小谷城の戦い
高天神城の戦い
長篠の戦い
石山合戦
鳥取城の戦い
山中城の戦い
小田原攻め
大坂冬の陣
大坂夏の陣
コラム 山城の歩き方

第三章 戦国の城の構造と守り方
基礎知識
戦国時代までの城
山城・平山城・平城
縄張りと曲輪
城の攻防
支城のネットワーク
後詰めの種類
城攻めの種類
虎口の構造と種類
横矢掛りのしくみ
中世城郭
山城の基本構造
堀の形と切岸
近世城郭
近世城郭の基本構造
天守の構造
城の中心施設・御殿
さまざまな石垣
狭間と石落し

関連書籍