noteで書く

チャートを使いこなせばFXはカンタンに稼げる!

チャートを使いこなせばFXはカンタンに稼げる!
著作
柳生大穂
ISBN
9784866364438
Cコード
0033
判型
B6
ページ数
256 ページ
定価
1,760 円(税込)
発売日
2020年07月20日
amazon
7net
hmv
honto
yodobashi
tsutaya

書籍紹介

「相場を読む力」はチャートの見方で養える!

FX で稼ぐにはチャートの動きを正しく把握し、
先々の相場の流れを読み取る力が必要です。
本書は、総額3億4千万円以上稼いでいる
現役のFX投資家5人に、チャートをどのように確認し、
相場をどう分析しているのかを直接インタビュー。
彼らの意見と手法を1 冊の本にまとめることで
FX 相場を読む力がどのようなものかを解説します。

【目次】
相場分析で大きく稼ぐ現役のFX投資家5人

第1章 チャートから相場を読む8つのポイント
相場を読むにはローソク足をみる
正確な価格を確認する
高値・安値の把握から始める
ローソク足2本の組み合わせの意味を知る
相場の節目になる高値・安値をみつける
異なる時間足で流れをつかむ
教科書的な綺麗なチャートにはなりにくい
相場は多数派が向かう方向に動く
第2章 成功投資家たちが教える相場の読み方
ローソク足から売り手と買い手の力関係を判断
1本のローソク足から読み取れる情報
上昇中の陰線・下降中の陽線が意味すること
0・1PIPSでも高値や安値を更新していることが重要
過去の高値や安値を目安にする
日足で高値・安値を確認することが重要
安値と高値の両方更新は方向性に迷いがある
高値超え、安値超えは利食いや損切りの目安になる
レンジ相場中の売り手と買い手の思惑
レンジブレイク後は高値と安値の更新をチェック
レンジブレイクの連続でトレンドができる
値動きの予想ではなく値動きについていくことが重要
勝ち組が狙うトレンドとは?
大きなニュースには注意をする
ときにはトレードをしない選択も必要
第3章 稼ぐ投資家の相場分析とトレード
山口猛さんの相場分析
阿部圭太さんの相場分析
浅野春日さんの相場分析
岡崎弘子さんの相場分析
篠原雄一郎さんの相場分析
第4章 シチュエーション別パターン分析
コロナウィルスの影響で激しく円高と円安に
イランショック前後の円高と円安
米中関係改善によるドル高・円安相場
米中貿易戦争の激化懸念による円高相場
米中関係悪化と米国の利下げ懸念による円高
米政策金利の据え置きによる円高
米国の対中関税引き上げ延期でドル高相場に
アップルショックによって急激な円高に

訂正情報

柳生大穂
1986年3月生まれ。金融や歴史を中心とした書籍・ムックなどを製作する編集プロダクション「バウンド」所属。FXや株、投資信託などお金系中心のムックや書籍などを執筆・編集を行う。これまでの過程で100人以上の投資家や識者に取材。著書は「FXで稼ぐ人のテクニック」「FXメタトレータースターティングガイド」「投資2.0 ~投資型クラウドファンディング入門~」「FXメタトレーダーベストテクニック」「ボリンジャーバンドを使いこなせばFXはカンタンに稼げる!2019年最新版」など多数。

関連書籍