noteで書く

ゲームセンタークロニクル

〜僕は人生の大半をゲームセンターですごした〜

ゲームセンタークロニクル
著作
石井ぜんじ
ISBN
9784866360447
Cコード
0076
判型
B6
ページ数
264 ページ
定価
1,540 円(税込)
発売日
2017年03月23日
amazon
7net
hmv
honto
yodobashi
tsutaya

書籍紹介

ゲームセンターの出現から、2017年の現在までを
ゲームファンの視点から描いた1冊です。

スペースインベーダーに始まり、ゼビウス、グラディウスと
いったシューティングゲームの流行や、
ストリートファイターII、バーチャファイター2など
格闘ゲーム隆盛の時を経て、現在では大型ネットワーク型ゲームが
中心になってきているゲームセンター。

本書は、プレイヤーの移り変わりや、進化し続けるハードウェアの影響を受け
少しずつその姿や役割を変えつつあるゲームセンターと、
その当時のプレイヤーが感じていた雰囲気、
時代の象徴となった名作ゲームたちの素晴らしさを、
元『ゲーメスト』編集長であった石井ぜんじが、
ゲームプレイヤーの視点から詳細に書き下ろした渾身の1冊です。

一時でもゲームセンターの熱気を味わったことのある人なら
必ずそのときの空気感を思い起こすことでしょう。

目次

序章 僕とゲームセンター
第1章 ゲームセンター前夜―エレメカからビデオゲームへ
第2章 ゲームセンターを育てた『スペースインベーダー』
第3章 80年代ゲームセンターは百花繚乱の時代
第4章 80年代ゲームセンターの実態とプレイヤーの心情
第5章 対戦格闘ゲームと3Dポリゴンの発展
第6章 90年代ゲームセンターとプレイヤーの質の変化
第7章 データ保存とネットワークの導入
第8章 インターネット時代の光と闇

著者紹介

石井 ぜんじ(イシイ ゼンジ)

1986年~1999年に発行されていたアーケードゲーム専門誌『ゲーメスト』元編集長。第一回ゲーメスト大賞受賞作の『ダライアス』(タイトー)では、クジラルートで全国一位のスコアを記録している。多数の媒体でゲームライターとして活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連書籍